五反田計画ITベンチャーと地域の共創メディア

一覧へ戻る

「つながりを常によろこびに」情報社会の課題解決を目指すアディッシュのミッション

  • line
  • アディッシュのHR企画部 松下恵美さん

  • 執務スペース

  • フリースペース「いつものばしょ」

  • 会議室

  • 会社の記念日に作るオリジナルパズル。左から、設立時、設立5周年、上場時のもの。

<案内してくれた人>

アディッシュ株式会社
管理本部 HR企画部 部長 松下恵美さん
2011年に株式会社ガイアックスに入社し採用を担当。2015年に当時子会社だったアディッシュに転籍し、採用部門の立ち上げを行う。現在は採用業務を含む人事企画業務全般に携わっています。プライベートでは小1と小6の2児の母。五反田勤務は10年目になりますが、まだまだ知らないことが沢山あります。

アディッシュに10の質問

1.アディッシュが提供しているサービスについて教えてください。

インターネットやソーシャルメディアを通じた“人と人とのつながり”により発生した課題解決に向け、利用者にとって健全で心地よい居場所をつくることを目的としたカスタマーリレーション事業を展開しています。

主に、投稿モニタリングやネットいじめ対策、ソーシャルアプリのカスタマーサポート、SNS運用代行、チャットボットの開発運用などのサービスを提供しています。

2.会社のミッションを教えてください。

「つながりを常によろこびに Delight in Every Connection」というミッションを掲げています。

コミュニケーションサービスやソーシャルメディアの発展によって可能となった新たな「つながり」に恩恵を受ける一方で、近年はさまざまな課題が生じており、そうした新たな課題の解決に貢献することで、「つながり」が「よろこび」であり続けられる世の中の実現を目指しています。

3.社内はどのような雰囲気でしょうか?

沖縄・フィリピンのグループ会社を含む全拠点で従業員700人超と比較的人数の多い会社ですが、正社員は約150人で、7割はアルバイトです。チームや部署ごとにカラーが大きく異なりますが、全体的にオープンでフラットな環境です。

コツコツとまじめに取り組むことが得意なタイプや、新しいアイディアをどんどん出して検証していくことが得意なタイプなど、個性豊かなメンバーが集まっており、一人ひとりが得意なスキルを生かして働いています。

4.社内にユニークな制度はありますか?

中期的なキャリア計画を実現するために、あらかじめやりたいことを表現する「意思表明制度」があります。

意思表明しておくことで、実現に向けた体制や環境づくりを会社がサポートしてくれることも。実際に「業務効率化のために、全社的にもっと自動化を進めたい!」という想いから、自動化チームを結成して業務改善に取り組んでいる社員もいます。

5.これから、どのような人材が欲しいですか?

募集ポジションごとに求めているスキルやチームカラーは異なりますが、アディッシュの求める人物像としては、まず相手との信頼関係を築き、相手の背景を考えて動けることを大事にしています。

また、ありたい姿を描き、その実現に向けて自ら進める方、より良い状態を目指している方と一緒に働きたいですね。トップダウンではなく、ボトムアップの環境で裁量権をもって働きたい方には向いている職場だと思います。

6.代表の江戸浩樹さんはどんな方ですか?

自身で掲げた目標に対して、それに向かってしっかり計画を立て、実現していくタイプだと思います。社員全員で会社をつくりたいという想いが強いので、フラットにメンバーの意見を聞き入れ、一緒に考えてくれます。

7.五反田にオフィスを構えた理由はなんですか? 

10年ほど前から元親会社であるガイアックス社がこの場所にあり、同オフィス内にアディッシュが設立されました。その後、ガイアックス社は移転しましたが、アディッシュはアルバイト採用の地の利を考え、五反田に残りました。人数が急増しているので手狭になってきていますが、フリーアドレス制を導入するなど工夫しながら現在のオフィスで働いています。

8.今のオフィスの好きなところはどこですか? 

「いつものばしょ」という名前がついたフリースペースがあります。なんてことのないテーブルが置いてあり、足元には備品が収納されているスペースですが、ここを囲んでチームの朝礼をしたり、お土産を置いたりするので、なんとなくみんなが集まる場所になっています。

「じゃあ、いつものばしょで!」と言うと、皆がわかる場所です。

9.五反田バレーに入った経緯を教えてください。 

五反田バレーの方にご紹介いただいたのがきっかけです。五反田バレーの存在は、記者発表などを通じて参加前から知っており、弊社の理念である「情報社会で発生する課題を解決する」と五反田バレーの理念に共通点があったこと、1社ではできないことも複数の企業が集まることで成し遂げられることがあるのではないかと思い、参加しました。

10.これから五反田をどんな街にしたいですか?

10年前と比較して五反田は、随分とスタートアップ企業が増え、ITベンチャー界隈の盛り上がりを感じますね。「池上線五反田高架下」のようなオシャレスポットが誕生するなど、少しずつ五反田の雰囲気も変わってきているので、今後はITベンチャー企業の横のつながりが生まれる場や、そこから五反田ならではの新たな取り組みを発信していけるといいなと思っています。

<企業情報>
アディッシュ株式会社
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-21-8 ヒューリック五反田山手通ビル8階
コーポレートサイト:https://www.adish.co.jp/

※ データは全て2020年4月時のものです。

  • line
参考になったらクリック
クリックありがとうございます!

こちらの記事についてご意見、コメントがございましたらお願いします。
コメントは非公開であり、今後の五反田バレーの運営のために参考にさせていただきます。

コメントの送信ありがとうございます!