五反田計画ITベンチャーと地域の共創メディア

一覧へ戻る

五反田バレー理事企業ココナラ、渋谷へ。コロナ禍でもオフィスを拡大移転する理由を聞いた

  • line

2020年のコロナ禍を受け、オフィスを移転する企業が増えています。

同年8月の調査によると、「コロナ禍を受けてオフィス見直しを行った、または検討している」企業はおよそ6割強、中でも「占有面積の縮小」を考えている企業が多い様子。実際に、在宅勤務が中心になり人数分のオフィス面積が不要になった結果、よりコンパクトなオフィスに移転したり、場合によっては「オフィスは不要」として、コワーキングスペース等を利用したりして業務を継続する企業の取り組みも耳にするようになりました。

「月刊総務」8月26日発表の調査より。

オンラインで自らのスキルを出品、もしくは出品者のスキルを購入できるスキルマーケット「ココナラ」を提供している株式会社ココナラも、今年8月にオフィスを移転しました。

しかしながら、ココナラの場合は「拡大移転」。五反田から渋谷へ場所を移し、オフィス面積も前オフィスのおよそ1.8倍となるなど、より事業拡大を意識した移転です。

一般社団法人五反田バレーには立ち上げ当初から在籍し、団体の理事企業も務めるココナラ。五反田から渋谷に移転したことで五反田バレーとの関係はどうなってしまうのか。そして、コロナ禍を受け現在のタイミングで「より広いオフィスを持つ」決断をした理由を、広報の柳澤芙美さんに聞きました。

渋谷の魅力は、「ベンチャーを受け入れる懐の深さ」

——実は『五反田計画』の編集部内でも、移転のニュースに驚くメンバーがたくさんいました。メディア立ち上げ当初からお世話になっていたので、「まさかココナラさんが五反田を離れるなんて!」と。

驚かせてしまったようで、申し訳ありません(笑)。報告は突然になってしまったのですが、実はオフィス移転の話は1年以上前から決まっていました
柳澤さん

 

 

——かなり前から決まっていた移転だったんですね。

ココナラでは細かい「事業計画」を立てています。その計画に沿って事業を拡大していくと、2020年には社員が100名を超える予定でした。五反田のオフィスは90人入るので精一杯だったので、社員が100人になるまでに新しいオフィスが必要になるな、と。

担当業務ごとにフロアを分けたりする方法もあるのですが、代表の南(章行さん、代表取締役会長)の「ワンフロアで社員全員が入れるオフィスが理想」という意図もあり、少なくとも五反田のオフィスよりは広いフロアがある場所、という目標で新オフィスを探しました。
柳澤さん

株式会社ココナラ 広報 柳澤芙美さん(取材はリモートで行いました)

——移転先を渋谷に決めたのはなぜだったのでしょう?

ココナラは、五反田に移転する前には渋谷にオフィスを構えていました。渋谷近辺で数回引っ越してから五反田に来たんです。

渋谷で借りたオフィスの1つが、いまココナラが入居している渋谷インフォスタワー(※)の近くにあったそうなんです。南は、そこで働いていた当時から「いつかはあのビル(渋谷インフォスタワー)にオフィスを構えたい」と思っていたみたいで。
柳澤さん

※ 1998年竣工の、渋谷区桜ヶ丘の複合ビル。過去にはGMOインターネット等のIT企業がオフィスを構えていた

——代表の夢がかなった拡大移転なんですね。

渋谷はITベンチャーの集積地。「渋谷ビットバレー」があるように、本当にたくさんの企業が集まっています。

ココナラも創立間もない、売上が立っていない時期にオフィスを借りることができましたし、そんな若い企業を受け入れる懐の深さがあるのが渋谷の魅力なのかもしれません。
柳澤さん

コロナ禍でも、移転計画に変更はなかった

——2020年は、新型コロナウイルスの流行によりリモートワーク中心に移行する企業が増えた年でした。オフィスをコンパクトにする企業も少なくないなかで、移転計画に変更が出ることはありませんでしたか?

いえ、大きな変更なく移転することができました。コロナ禍においてもココナラは影響があまりなく、事業は伸長しています。
柳澤さん

——コロナの影響なく伸長しているのは、どういった理由でしょうか?

まず、出品者がかなり増えました。ココナラは、オンラインでスキルや経験を売り買いするサービスです。在宅で仕事中のスキマ時間が増えたり、対面でサービスを提供されていた方が感染リスクからオンライン展開を迫られたりした結果、出品する人が増えた、と想像できます。

2019年12月と2020年の5月のサービス出品数を比較すると、2倍以上になっているんです。
柳澤さん

「ココナラ」トップページ

もう1つは、コミュニケーションのオンライン化が進んだこと。リモートワークの推進で皆がWebを通じて仕事をすることに慣れたのか、この「オンラインで納品物のやりとりをする」ことに抵抗がない人が増えたのも理由なのかな、と。
柳澤さん

ココナラ新オフィスの執務スペース

——なるほど、世の中がリモートワークとオンライン中心のコミュニケーションへ移行したことが大きかったんですね。

他には、ココナラのビジネス利用が増えたこともあったと思います。

お店のロゴのデザインを依頼したり、ECサイトを構築してもらったり、中小事業者がココナラを利用してサービスを受けるケースが増えてきました。ココナラといえば「個人と個人がやりとりするサービス」、という印象を持っている人がどうしても多いと思うのですが……。ビジネス利用の拡大は2〜3年前から進んでいたことなんです。
柳澤さん

——確かに、ココナラをフリマアプリのように「個人が出品しているものを個人が買うサービス」とイメージしている人は多いかもしれません。

たとえば「営業活動で動画広告を作りたい」など、事業のオンライン化を進めるために中小事業者がココナラの出品者に仕事を依頼する、というマッチングも増えてきています。

コロナ禍を受けて、一般企業の働き方も大きく変わりましたので。そういったそれぞれの要素が、事業推進のきっかけになったのかな、と。なので、「コロナの影響で移転を見合わせよう」と考えることはありませんでした。
柳澤さん

オフィスは、クリエイティブなアウトプットのためには欠かせない

——ココナラは現在もリモート中心で業務にあたっているそうですが、その結果、新オフィスは人もまばらな状況なのかな、とも思っています。経営者によっては「広くても、人が集まらないオフィスを持っている必要はない」と考えることもあるかと思うのですが、いかがでしょうか?

ココナラは、世の中にない新しいプロダクトを作っている会社です。そのため、開発に携わるプログラマーやマネージャーは、新しい機能開発のタイミングなど、方向性のすり合わせのような「密な」コミュニケーションをするために、出社が必要なときもあります。それに、「煩雑な環境でクリエイティブになれるのか」という問題もありますから。
柳澤さん

ココナラ新オフィスのラウンジスペース。コロナ禍の現在ではなかなか難しいものの、サービス出品者向けのイベントなどで使用する予定

——自宅と違って、オフィスは「仕事をするための環境」が整っている場所ですから。出社する人が少なくても、クリエイティブなアウトプットをするための刺激を得たり、皆で集まったりするための場所としてオフィスが必要なんだ、ということですね。

あとは……オフィスが空いていれば、ソーシャルディスタンスが取れていていいんじゃないですかね?(笑) 個人的には、これくらいの人の量でもいいのかな、と。
柳澤さん

——たしかに、リモートワークが中心になってくると「人がたくさんいるオフィス」をストレスに感じることがあるかもしれませんね。渋谷という街の印象はいかがでしょうか?

今は状況が違いますが、渋谷は外国人観光客も多いし、いろいろな属性の人が集まる場所ですよね。五反田はそこで働くサラリーマンや地元の方が多い「ローカルさ」が魅力でしたが、渋谷は「さまざまな場所から集まってきた人が、新しいものを生み出す場所」というイメージがあります
柳澤さん

新オフィスはミーティングルームを増やすだけでなく、増加するWeb会議のための電話スペースも設けたとのこと

——近年では都市としての変化も早く、雑多で刺激がある場所ですよね。

ベンチャー企業同士のつながりもあるので、他の企業との情報交換をするなど、企業の広報担当者としては活動しやすい場所だと思います。あとは、帰り道においしそうなレストランとか、お買い物をする場所もあるにはあるのですが……。
柳澤さん

——そうですね。寄り道はコロナ禍が落ち着いてから、という感じでしょうか……。あとは『五反田計画』として気になっているのが、「ココナラさんと五反田バレーの関係はどうなっちゃうの?」ということでして。

はい。
柳澤さん

——渋谷に引っ越したココナラは、五反田バレーから退会する……?

いえ、そんなことはなくて(笑)。今後も理事企業として関わり続けたいと思っています。
柳澤さん

実は、一般社団法人五反田バレーの規定を作ったときに、それをルールとして定めていたんですよ。「きっと、会社が発展して五反田から別の場所に移転する会員企業もいるだろう」と。なので、「五反田の卒業生」として関わることもOKとしています。
柳澤さん

——それを聞けて安心しました。

そもそも一般社団法人五反田バレーは、「会員でいることが自分たちの事業にプラスになっていて、そのうえで社団法人として五反田エリアの課題をITで解決できれば良いね」というスタンスなので。

五反田バレーとココナラ、それぞれにメリットがあるのであれば、今後も五反田バレーに関わり続けたいですね。
柳澤さん

——今後も引き続きよろしくお願いします! 本日はありがとうございました。

(文=伊藤 駿/ノオト 編集=水上アユミ/ノオト)

  • line
参考になったらクリック
クリックありがとうございます!

こちらの記事についてご意見、コメントがございましたらお願いします。
コメントは非公開であり、今後の五反田バレーの運営のために参考にさせていただきます。

コメントの送信ありがとうございます!