五反田計画ITベンチャーと地域の共創メディア

一覧へ戻る

商店街DX化の一歩目に。「大商業まつりデジタルお買物ラリー」商店街連合会×エム・フィールド×品川区インタビュー

  • line

11月16日(火)より、品川区内の商店街を横断する「大商業まつり デジタルお買物ラリー」が開催されています。老舗商店も多い商店街で、デジタルを取り入れたイベントを実施する狙いとは? 今後、商店街が目指していく未来とは?

主催である品川商店街連合会、後援する品川区、プロダクトを提供した株式会社エム・フィールドにお集まりいただき、お話を伺いました。

品川区商店街連合会 事務局 榎田陽子さん

主に販促を担当。エム・フィールドとコラボするきっかけになったイベント「デジマ式plus」にも品川区商店街連合会から代表として参加。

品川区役所 商業・ものづくり課産業活性化担当 小川和朗さん

区内産業の活性化支援を担う部署にて、IT企業・スタートアップ企業の支援を担当。

品川区役所 商業・ものづくり課商店街支援係  明石賢郎さん

区内産業の活性化支援を担う部署にて商店街支援を担当している。

株式会社エム・フィールド 営業統括本部 HiTAP担当リーダー 岸﨑比佐良さん

システム開発から人材育成まで、企業のDX化を支援するIT企業にて、自社プロダクト「HiTAP」事業を担当する。

<大商業まつりデジタルお買物ラリー概要>

品川区商店街連合会が主催する、年に一度のイベント「大商業まつり」にて、デジタルスタンプラリーを開催。品川区内の34商店街、123店舗が参加している。参加店で買い物し、1店舗につき1つもらえるスタンプを集めると、デジタルクーポンを入手できる。

進呈されるクーポンは、スタンプ3店舗達成で300円クーポン(先着1000名)、5店舗達成で500円クーポン(先着600名)。実施期間は11月16日(火)から12月19日(日)まで。

詳細・スタンプラリー参加は下記URLより
https://shoren.shinagawa.or.jp/event/8629

時流に合うイベントを考える中で生まれた企画

――品川区商店街連合会さんが主催している「大商業まつり」について教えてください。

「大商業まつり」は、品川区内の商店街全体を対象としたイベントです。もともとは、地元のお客様への謝恩や還元という形で開催していました。

品川区にはたくさんの商店街があるのですが、ここ数年は、新規住民の方が増えていることもあり、地元の商店を利用することについて「チェーン店には行くけど、個店には入りづらい」という地域住人の声もあります。そのような方に商店街を身近に感じてもらう一環として、開催しています。
榎田さん

――これまではどのような催しを実施してきたのでしょうか。

新型コロナウイルス感染症が流行する前は、会場を設けて開催していました。2019年は、中小企業センターと隣の公園で開催し、模擬店や地方物産店、地域の子供達のステージなどを行いました。

前年はすでに新型コロナウイルスが流行しており、一つの場所に集客させることが難しかったため、お客さんが近所で楽しめる方針に切り替えました。近隣の商店を回っていただけるように、商店街のチラシクーポンや、スクラッチのキャンペーンなどを実施しました。

昨年の流れを継いで、今年は密集対策もでき、商店での購買を促進することも叶うスタンプラリーを開催することにしました。そこに新たにITを少し入れてみよう、というのが今年のコンセプトですね。
榎田さん

新規事業創出ワークショップでの提案がきっかけに

――そもそも今回、商店街連合会とエム・フィールドがタッグを組むことになったきっかけは何だったのでしょうか。

昨年11月下旬、CTC(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)さんのご協力をいただき、五反田にあるイノベーションスペース「Innovation Space DEJIMA」にて品川区の商店街をテーマにした新規事業創出ワークショップ「デジマ式plus」を開催しました。商店街側からは、武蔵小山の商店街や立会川の商店街、品川区商店街連合会が参加しました。

そこでは、コロナ禍に商店街が抱えている課題に対して五反田バレーをはじめとする企業が事業提案を行いました。
小川さん

▲武蔵小山商店街(画像提供:品川区商店街連合会)

今年度は、イベント内で発表されたさまざまな提案を実証していくフェーズにあります。今回は我々から「大商業まつりでIT企業とコラボしてみませんか」と商店街連合会さんへお声がけさせていただきました。
小川さん

――エム・フィールドは、デジマ式plusではどのようなご提案をされていたのですか?

商店街の課題をヒアリングしたところ、集客はしたいものの、人手が足りずイベントを企画するリソースがないということでした。そこで、課題解決に当社のプロダクト「HiTAP®」を使用し、企画の公募や運用までを一括で行うパッケージをご提案しました。
岸﨑さん

▲「HiTAP®」のイメージ。専用のデバイス「Ocelly®」をスマホにタップすると、画面内にスタンプが押される(画像提供:エム・フィールド)

「HiTAP®」は、従来は紙とスタンプが必要だったスタンプカードを、スマホ上で実現できるサービスです。「Ocelly®(オセリー)」というブロック状のデバイスをスタンプがわりに、スマホ上にタップするだけで、スタンプを押すことができます。

今回は大商業まつりの「デジタルお買物ラリー」ありきでお声がけいただいたので、デジマ式で提案したパッケージについては実現できてはいないのですが、商店街に関わる貴重な機会をいただいたので、知見を得られたらなと思っています。
岸﨑さん

商店街ぐるみでデジタルに慣れる、その第一歩にしたい

▲北品川商店街(画像提供:品川区商店街連合会)

――今回、エム・フィールドさんのプロダクト「HiTAP®」の採用に至ったのはどのような理由からでしょうか。

商店街には年配の店主の方も多く、デジタルに抵抗がある方がいらっしゃるんですね。一方、品川区民は30〜40代が多くなってきている。若い方の流入が増えている中で、「デジタル嫌いな商店街のままではいられない」という課題があり、ITは少しずつ取り入れていきたいと思っていました。

「HiTAP®」は、スマホだけで完結せず「スタンプがわりのデバイスがある」というのが特によかったんです。デバイスを手に持ってスタンプを押すといった“アナログな作業”が残っている方が、デジタル初心者の方達にはわかりやすい。紙のスタンプラリーと同じような流れで実施でき、オペレーションが少なくすむのが、商店から受け入れてもらいやすいポイントでした。

「自分たちにもITを活用できる!」と思ってもらう最初の第一歩として、ハードルが低いサービスだと思います。
榎田さん
「Ocelly®」を参加者のスマホにタップしていただくと、音が鳴って、スマホの画面に印影が反映されます。
岸﨑さん

▲スタンプの印影も、店舗ごとに異なるそう。店を周るのが楽しくなる仕掛けが施されている

――わかりやすいですね!

そうなんですよ。音が鳴るのも良くて。
榎田さん

――実際に、商店街の方達からの反応はいかがでした?

よかったですね。感覚的にわかるのが良いのか、実演すると喜んでくれる方も多かったです。
榎田さん

――デジタルお買物ラリーの参加店も123店舗と、かなり受け入れられていますよね。

こちらとしても「いつものスタンプと一緒で、押すだけだから!」の一言で伝わるので、商店街へのお誘いがしやすかったですね。
榎田さん

参加者にとってもお店にとっても、参加しやすいイベントを目指す

――今回の企画で、意識した点などはありますか?

スタンプラリーにも色々パターンがありますよね。

たとえば参加店が列挙された台紙を用意し、利用者に店舗を周ってもらう周遊型などがあります。でも、今回はそれだとスタンプ台紙が長くなってわかりづらいので、単純に5個の穴を準備して、任意の店舗で5つスタンプを集めてもらうという仕立てにしました。
岸﨑さん

▲スタンプラリーの台紙画面

――5つ集めれば良いというシンプルさが、どの世代にも受け入れられそうですよね。

そうですね。今回大事なのは、店舗側のオペレーションがなめらかに回ることですし、スタンプ台紙がボリューミーだと離れるお客さんもいらっしゃると思うので、あえて一番シンプルなパターンにしました。
岸﨑さん

――商店街連合会がこだわったポイントはありますか。

参加者が近所でスタンプを5つ集められるように、商店街ごとに参加店を最低5店舗募る、というのは意識しました。商店街は日常消費に即しており、遠くの商店街まで足を伸ばす方はなかなかいらっしゃらないので。
榎田さん

――お店のバリエーションも多いですね。

飲食店、食品小売店をはじめ、ペットショップやクリーニング店などのサービス業も参加していただきました。

異業種の集まる商店街らしさが出ているかなと思います。
榎田さん

データ活用で、さらなる課題解決の契機に

――今回の施策を通して期待していることはありますか?

品川区の商店街支援係として期待していることは2つあります。

1つは、これまで紙のスタンプラリーでは利用者のデータが集めにくいという課題がありました。今回は「HiTAP®」のシステムを使い、利用者の簡易な属性や購入店舗のデータを取れるようにしているので、そこから新たな知見が得られる可能性があることです。

もう1つは、キャッシュレスが一般化していく中、商店街では導入が遅れているので、少しずつIT導入を進めるきっかけになるのではないかということです。
明石さん
今回のように広範囲でさまざまな商店街の店舗が携わるイベントを支援させていただくことはなかなかないので、データを収集することで、今まで以上に支援に活かせるフィードバックができるのでは、と思います。
小川さん

▲デジタルスタンプラリーに含まれているアンケート画面

――商店街連合会として、今後どのようなことに力を入れていきたいですか?

IT化もそうですが、次世代の商店街を担う人たちを募り、横のつながりをつくることにも力を入れていきたいです。品川区さんに支援していただいて、「商店街後継者育成塾」という月1回のセミナーをやっていたりもします。

また、商店街の店舗の中には「商店街に所属する」ということに抵抗感を持たれる方もいらっしゃるんです。でもそういう方達も、その地域を盛り上げたいという思いは商店街と一緒なんですよね。「組織」が先にあるのか、「仲間」という形から入るのかというアプローチ方法が違うだけで、地元でイベントを開催したいという思いは昔から変わらないスタイルなんだと思います。

商店街という文化を守るためにも、まずは商店街の存在意義を見つめ直しながら、商店街連合会の目的をお伝えして仲間を増やしていく機会は持っていきたいなと思っています。
榎田さん

――品川区と五反田バレーで、今後やっていきたいことがあれば教えてください。

商店街とのコラボレーションについては、現在はエム・フィールドさん以外にもいくつかのプロジェクトが走っているので、まずはその実現が第一です。他の五反田バレー企業のサービスの中にも、商店街と相性がいいサービスが数多くあるので、うまく繋げていきたいです。

また、商店街だけでなく、他の業種、たとえば製造業とのコラボなど、行政が間に立つことでうまく橋渡ししていければと思います。
小川さん

――商店街や地場産業と、IT・スタートアップ企業が手を組んで、品川区全体で少しずつ未来へ進んでいくビジョンが見えました。本日は貴重なお話をありがとうございました!

 

取材・文/守屋和音(ノオト) 編集/水上アユミ(ノオト)

  • line
参考になったらクリック
クリックありがとうございます!

こちらの記事についてご意見、コメントがございましたらお願いします。
コメントは非公開であり、今後の五反田バレーの運営のために参考にさせていただきます。

コメントの送信ありがとうございます!