五反田計画ITベンチャーと地域の共創メディア

一覧へ戻る

弊社が私を採用したのはなぜ?採用時の苦労、工夫やコストを人事担当者に聞いてみた

  • line

五反田バレーの活動を支援している品川区では、企業のエンジニア採用をサポートするため、「エンジニア確保支援事業助成金」が提供されています。

品川区の助成金では、採用1人あたりにつき支払われる最大額は50万円。しかし、社員を1人採用するだけで、会社側はお金に限らない多くの手間をかけているもの。

就職は売り手市場、エンジニアは慢性的な人手不足と言われる時代に、少しでも高いスキルを持ち、自社にマッチした人材を採用しようと企業は必死。求人媒体を活用したり、採用エージェントに依頼したり、企業からエンジニアへ直接連絡したり……と、さまざまな方法で採用活動を行っているのです。

しかし、そんな企業の苦労を「採用された側」の社員はどれだけ知っているのでしょうか? 自社が採用活動に力を入れていた理由、どうして自分を採用したのか、どんなコストがかかっているかなど、自分の採用について知らないことは意外と多いのでは……?

そこで、五反田バレー会員企業から「自分が採用されたときの話を聞きたい」エンジニアさんを募集。一緒に、人事担当者にお話を聞いていきます。

組織としてのフェーズから採用当時の方針、採用した人に会社が求めていることまで、お話を聞くなかでいろいろなことがわかりました。

低コストの求人媒体、採用時のコストのかけどころとは?

まずお邪魔したのは、クラウド営業支援ツール「Senses(センシーズ)」の開発・提供を行う五反田バレー理事企業、株式会社マツリカ。同社でバックエンド業務を担当する藤井亮助さんにお話を伺っていきます。

藤井さんは、求人媒体でマツリカを知り応募したとのこと。

藤井亮助さん
大手SIerの勤務を経て起業し、その後2019年9月にマツリカへ入社。主にバックエンド領域を担当している。社内でのニックネームは「うっでぃ」。

——藤井さんは起業をご経験していらっしゃるんですね。

友人とフィットネスに関するWebメディアを運営していました。なのですが、しばらくしてから事業が立ち行かなくなってしまって……。業務委託で仕事をしながら転職活動をして、マツリカに入社した、という感じです。
藤井さん

——求人媒体経由での応募とのことでしたが、転職活動はいかがでしたか。

いくつかの求人媒体を通して、かなり多くの企業に応募しました。カジュアルな面談を合わせると、20社くらいは足を運んだと思います。
藤井さん

マツリカは一次面談から代表の飯作(供史さん、代表取締役Co-CEO)と会うんですよね。次の面談でCTOの羽倉(敬さん)と会って、最後に技術試験があって入社が決まった、という感じです。
藤井さん

——面談にあたって、覚えていることや印象に残っていることはありますか?

実は初回の面談に行くまえは、キャンセルしようか迷っていたんですよ。面談前に「マツリカ」という社名の由来(※)を知って、「にぎやかな会社」というイメージを持ってしまって。
藤井さん

※ マツリカ=「祭り化」が社名の由来。人々が夢中になり、充実感や達成感に満ちた状態を示す造語として名付けた

ガンガン営業活動をやって、飲み会でワイワイお祭り騒ぎをするような体育会系の会社なのかな、と。その、なんというか……。
藤井さん

——藤井さんに代わって言いますが、いわゆる「パリピ」ですね。

そうです、そうです(笑)。でも実際に訪れてみたら全くそんなことはなくて。代表もCTOも、爽やかな人で安心しました
藤井さん

人事担当・原田さんに聞いてみよう

藤井さんからお話を伺った後は、マツリカの人事ご担当の原田さんも交えて、採用の経緯を伺っていきます。

人事/バックオフィスご担当 原田美輝さん

——求人媒体への掲載は、採用チャネルとしてはどういった印象ですか?

原田さん
エンジニア以外も求人媒体から採用しているので、費用対効果はかなり良いと思います。社員の採用は、求人媒体かエージェント経由で行うことが多いですね。
例えば、求人媒体経由とエージェント経由で応募が来た人って、採用のハードルは変わりますか?
藤井さん
原田さん
採用したときにかかるお金に対して、それに見合う人なのかは考えます。採用に関して、会社としては「必要なお金はかけたほうがいい」という方針です。会社に必要な人であれば採用しますが、かかる金額に応じてハードルが変わる……というイメージですね。

——両者で料金形態もかなり異なるので、比較は難しいかもしれませんね。採用にあたっては、どういった部分に費用がかかるのでしょう?

原田さん
求人媒体への掲載費が主なところですね。大きな声では言えませんが、月額で縺ェ縺?@繧円程度でしょうか。

——なるほど。媒体によって差はあるでしょうし、登録者層もそれぞれでしょうから、費用対効果は高いとはいえ掲載先も含めて検討しないといけないということですね。金額は後で文字化けさせておきましょう……。

原田さん
藤井さんは、実は私がピックアップした方なんですよ。応募時に確認できた経歴を見て、「この人優秀そう!」って。

——応募時にチェックしたプロフィールに、なにかキラリと光るものがあったのでしょうか?

原田さん
ゼロから会社を立ち上げた経験があることは強かったと思います。マツリカはまだまだ大きい会社というわけではないので、その経験があれば、事業にコミットしてくれる度合いもかなり変わってくるんじゃないかな、と。

求人媒体経由の採用の場合
・ コストは媒体の月額費用がメイン
・ 「その媒体のコストに見合う人かどうか」は慎重に考える
・ マツリカはパリピの会社ではない

原田さん
藤井さんの経歴を社長に見せたときの会話がSlackに残ってますよ。「バックエンドでもフロントエンド、インフラもいけそう」って

——いけそうでしょうか?

いけると思います。会社をやっていたときは、すべて自分でやるしかなかったので。
藤井さん

リファラル採用は、紹介した人にもメリットがある?

次に、2019年11月にリファラル採用でマツリカに入社した佐々木俊介さんにお話を伺います。

マツリカ社員の友人に紹介されて入社を考えるようになった佐々木さんですが、リファラル採用の場合、企業側はどのような対応をしているのでしょうか。

佐々木俊介さん
入社前は、フリーランスのエンジニアをやりながら技術同人誌の制作を行っていた。現在は、プロダクトの高速化といったパフォーマンスチューニングに取り組んでいる。社内でのニックネームは「えるきち」。

——佐々木さんはリファラル採用で入社したそうですが、どういった経緯でマツリカに興味を持ったのでしょうか?

フリーランスでエンジニアをやっていた頃に、同じ作業場で働いていた友人の1人がマツリカに転職しまして。話を聞いて良い会社だな、と思いました。

一番大きかったのは、社員が最大限のパフォーマンスを出せるよう、フルフレックスかつフルリモートでの勤務が許可されている、ということですね。
佐々木さん

——マツリカは、在宅勤務がOKなんですね。

自分の技術をもっと突き詰めて、高みを目指したいと考えるエンジニアはたくさんいると思うんですが、会社勤めをしていると、どうしても本来の仕事以外に付随するものが多いんですよね。

通勤や会議の時間とか、毎日身だしなみを整える、みたいな……。できればそういうことに、時間とお金を使いたくないなあ、と。
佐々木さん

——入社にあたって、覚えていることや印象に残っていることはありますか?

面接で代表の飯作と会って、「どうしてマツリカがSFA(セールスフォースオートメーションツール)を提供しているのか」を聞いたんですよ。

例えば、我々のようなエンジニアはGitHubを使ったり、ブログや書籍を書き読みするなど、ベストプラクティスを共有する手段が多くあります。しかし、営業にはまだその「正解」がない。「営業支援ツールからコミュニティを立ち上げることによって、営業のベストプラクティスを共有したい」という回答でした
佐々木さん

——なるほど。

GitHubも世界最大のエンジニアコミュニティのようなものだし、僕も技術同人誌を作っているので。やっぱりコミュニティがあることはすごく重要なんですよね。その話が面白くて。この会社に入ろう、と決めました。
佐々木さん

人事担当・原田さんに聞いてみよう

——佐々木さんも先ほどの藤井さんも、近いタイミング(2019年内)で入社されているんですね。

原田さん
業務拡大のため、マツリカは去年、エンジニアに限らず採用にかなり注力していました。2019年で社員が3倍になったんです。

その中でも佐々木さんは、会社として手を付けたいけど付けられていない部分のスキルをちょうど持っている方だったんです。面接で佐々木さんと会った社員や代表からの評価も高く、そしてお話してわかる通り、人当たりもとてもよい方でした。

——採用にあたっては、どういった段取りで入社が決まったのでしょうか?

原田さん
いつもは先に代表との面談を行うのですが、佐々木さんの場合は逆で。佐々木さんの持っているスキルとマツリカが必要としているスキルがマッチしているのかも含め、技術的な話をしてもらうため、先に現場の人に会ってもらいました。
確かに、スキルセットが自分と似た人たちだったので、すごく話しやすかったですね。
佐々木さん

——リファラル採用の場合、コストはどの程度かかるのでしょうか?

原田さん
会社としてリファラル採用が決まった場合の対応が決まっています。佐々木さんを紹介してくれた社員に「良い人を紹介してくれてありがとう」という意味で30万円支払われます。これは記事に書いても大丈夫な数字ですね。

——受け取る側からしてみれば、かなりうれしい金額ですね。佐々木さんはご存じでしたか?

もちろん。マツリカを紹介してくれた友人から聞いていました。同じ場所で働いている友人なので、「お金をもらったら焼肉おごってね」と(笑)
佐々木さん
原田さん
そうそう。「会社からもらったお金なんだから、独り占めせず、皆で使っちゃおう」となることがほとんどですよね。

——人事として、リファラル採用にはどういった印象をお持ちですか?

原田さん
リファラルの採用って、紹介者してくれた人もマツリカのことを良い会社だと思ってくれている証拠だと思っているんですよ。

所属する会社を良いところだと思っていない人が、友だちにもマツリカを薦めよう、とはならないじゃないですか。そうやって知った会社で佐々木さんも働きたいと思ってくれて嬉しいですね。

リファラル採用の場合
・ 紹介者にフィーが支払われることがある(※マツリカの場合)
・ 自社を紹介してくれるということは、良い会社だと思ってくれている証拠
・ マツリカ社員は、紹介フィーで焼き肉にいく(こともある)

——とのことですが、佐々木さんは入社後いかがでしたか?

事前にお会いした人もいたので、とても馴染みやすかったと思います。
佐々木さん
原田さん
それは良かったです! 楽しく働いてもらえるのが一番なので。

——ご協力いただきありがとうございました!

エージェント経由の採用は、向き・不向きがある?

続いてお話を伺ったのは、国内最大級のお出かけメディア「Pathee(パシー)」を運営している、Pathee株式会社。もうすぐPatheeに入社して1年になるという、齊藤圭世さんにお話を伺います。

齊藤圭世さん
イラストコミュニティサイトの運営会社からサブカル系IoTデバイスの開発業を経て、Patheeに入社。現在はフロントエンド業務を中心に、カスタマーサクセス部門やセールス部門とも協力しクライアントと向き合っている。

——これまでの経歴を拝見したのですが、かなりサブカルチャー寄りの会社でお仕事をされていたんですね。Patheeのお仕事に興味を持ったきっかけはなんだったのでしょうか?

ずっとサブカル好きやオタクに響くようなプロダクトを作ってきたんですが、もう少し広く社会にインパクトを与えられるものに興味が湧いてきて。現実世界で起きている問題に技術でアプローチできるというところが、Patheeの仕事の魅力でした。
齊藤さん

——採用エージェントを通じて入社したとのことですが、転職活動はいかがでしたか?

「ひとりじゃない」というのが本当に心強かったですね。自分を客観的に見てくれる人がいることで、自分の強みと弱みわかってくる。あとは、自分の活動をプッシュしてくれる役割というか。
齊藤さん

実は前の会社を退職してからPatheeに入社するまで、堕落した生活をしていた時期があったんです。ずっとニンテンドースイッチの『スプラトゥーン』をやってまして……
齊藤さん

——いわゆる「ブランク期間」というやつですね。

そんな時期があったので、社会復帰することにちょっとだけナーバスになっていたんです。
齊藤さん

——そんな中でもPatheeに入社を決意できた、なにか後押しがあったのでしょうか?

大学時代のゼミの友だちが、Patheeに勤めていることを思い出したんですよ。

面接が進むなかで久しぶりに彼に連絡を取りました。「Pathee、どう?」って聞いたら「大丈夫だよ」と。大学時代は内気だった彼がそう言っているので、自分でもやっていけそうかな、と思ったのを覚えています。
齊藤さん

採用担当・原嶋さんに話を聞いてみよう

では、採用担当の原嶋宏明さんも交えて、齊藤さん採用の経緯を伺っていきます。採用時はかなりダウナーな時期だったという齊藤さんは、採用を担当した原嶋さんの目にはどう映ったのでしょうか?

マーケティングマネージャー 原嶋宏明さん

——齊藤さんを採用した決め手になったのは何だったのでしょうか?

原嶋さん
「ビジネスマインドをもっているエンジニア」というのが齊藤くんの印象でした。

プロダクトや技術を突き詰めたいタイプのエンジニアが多かったPatheeに、新しいメンバー入れてチームを活性化させよう、というのが当時の採用の目的だったので。ビジネスサイドに興味があるエンジニアが入社するといいなと思っていたんですよね。

——応募時、齊藤さんの経歴をチェックしたときの印象はいかがでしたか?

原嶋さん
前職がどちらも技術力が高い会社だったので、ある程度の実力はある人だろうとは思ったんですよ。でも、そこですごい人をたくさん見たからか、本人は自信がなさそうにしていて。

確か、面談で入社後の年収の提示をしたら、「もっと少なくていいです」と言ってたよね。
「こんなにもらうとプレッシャーになるんで、年収下げてください」と。相当参っていた時期だったんでしょうね……。
齊藤さん

——会社側として、エージェント経由の採用にはどんな特徴があると思いますか?

原嶋さん
エージェント採用は、紹介してくれるエージェントさんのスキルに特に左右されるんですよ。特にエンジニアの場合は彼らの仕事をきちんと理解しているかどうかで、紹介する人の精度が本当に変わります。エンジニアに強いエージェントさんにお願いしたほうが良い人に会える印象ですね。

費用としては、実際に採用した人の3割から4割をエージェントさんにお支払いすることが多いです。
いやぁ、かかってますねぇ……。
齊藤さん
原嶋さん
採用にかかる費用を考えると、エージェントではハイクラス人材の採用する場合に使用するのが一般的かもしれないです。齊藤くんのようなジュニア人材の採用では珍しいんじゃないかな?

エージェント採用の場合
・ 採用した人の年収の3割〜4割程度がエージェントに支払われる
・ 比較的コストは高め。ハイクラス採用で使用することが多い
・ Patheeは「大丈夫」。

——いい機会ですし、齊藤さんから原嶋さんに聞いてみたいことはありますか?

そうですね……。エンジニアとして自信を持つには、どうすればいいんでしょう?
齊藤さん
原嶋さん
齊藤くんの場合は、興味範囲が広いのでまずゴールをみつけるべきだと思う。エンジニアとしてのゴールを想定して、そのなかでどこを目指していくか定められれば、進みやすくなるんじゃない?
ありがとうございます、勉強になりました……!
齊藤さん

ダイレクトリクルーティングでは、奇跡が起きる?

最後は、同じくPatheeの土田力さんからお話を伺います。

エンジニア限定の転職サービスを利用してPatheeに入社した土田さん。ある求人媒体を通してこれまでの業務経歴を公開していた土田さんへ、Patheeからスカウト連絡をしたのがきっかけとのこと。

土田 力さん
前職は大手通信会社のグループ企業にて、ECサイトの開発をしていた。Patheeでの現在のメイン業務は、基幹システムのリプレイス。同時にエンジニアチーム全体へのアドバイスや採用支援も担当。

——土田さんはPatheeからスカウトの連絡を貰って転職を決めたとのことだったのですが、なぜその方法で会社を決めたのでしょうか?

調べても見落としてしまうような、自分の興味の範疇外にある会社で仕事をしたいと思ったんです。会社側からオファーするサービスであれば、そういった「予期せぬ出会い」も生まれるだろうな、と。
土田さん

——Patheeとの面談で、印象に残っていることはありますか?

初めての面談でPatheeに来たときに、当時のCTOと原嶋さんと話した内容でしょうか。その時に、Patheeとしてこれからやっていきたいことや、自社にこういう力が足りていない、という話をしたんです。

お話を聞いていると「やりたいことはいくらでもある、ただ今は時間がないだけ」という印象だったので、自分が手を上げればできる環境なんだろうな、と。
土田さん

——それで、面白そうだなと思ったんですね。条件面で転職先に求めていたことはありましたか?

もちろん年収が下がるのは避けたかったですが……それは最初にオファーをもらったときからある程度のイメージができていたので。強いて言うなら、コーヒーマシンを置きたい、ということでしょうか?
土田さん

——コーヒーマシン……?

コーヒーが大好きなんですよ。会社に置いてある物があればそれでも良いですが、私物もあるので。それが使えればいいな……というのを唯一、条件に出したと思っています。
土田さん

採用担当・原嶋さんに聞いてみよう

——先ほどお話を伺った齊藤さんとは違い、土田さんはシニアエンジニアとして採用されたとのことですが、当時の印象はどうでしたか。

原嶋さん
シニア層のエンジニアを採用するのって、ものすごく大変なんですよ。そもそも市場に少なく、見つからない。いるとすれば、土田さんみたいに「自分が知らない会社に行きたい」という奇特なケースでしょうか。

——人事としては、「掘り出し物を見つけた」といった感覚でしょうか。

原嶋さん
まさしくそうです。採用時は別の会社とも交渉していると本人から聞いていたので、Patheeには来てくれないんじゃないかと思っていました。
そうでしたねぇ……。
土田さん
原嶋さん
面談でも、当時のCTOと私からいろいろな技術の質問を投げかけたのですが、土田さんがそれに対して全て即答で返事をしていて。面接が終わった瞬間に「ああ、この人だ」と話したのを覚えています。最終的には、皆で土田さんを口説いて……。

——採用には、どれくらいの費用がかかったのでしょうか?

原嶋さん
今回のサービスは、まず利用にあたって企業側が一定額を支払います。それに加えて、1人の採用が決まるごとに追加で支払う費用がありますね。

——話を聞く限り、かなりの額がかかっていることになりますが……。

原嶋さん
と思うでしょう? しかしよく考えると、土田さんをエージェント経由で採用するほうがよっぽどお金がかかるんですよ。この場合はむしろ安いんです。Patheeに来てくれたことまで含めて「奇跡」だと思っています。

——参考にならないくらい稀なケース、ということですね。

原嶋さん
「組織を育てるにあたってまずジュニア層のエンジニアから採用するのは、エンジニアと会社、お互いによくない」ということが、土田さんの採用を通じてわかりました。土田さんのような教育もできるハイクラス人材をまず採用してから、その後に若手を採用するのが理想なんですよね。

ダイレクトリクルーティングの場合
・ 他チャネルでは見つからない層にアプローチできることが強み
・ 結果的に、コストが抑えられるケースもある
・ 土田さんの採用は、奇跡

——そういえば、土田さんの数少ない条件だったコーヒーメーカーは設置できたのでしょうか?

はい。社内にカフェブースがあるので、そこに置かせてもらいました。
土田さん
原嶋さん
土田さんのおかげで、Patheeのコーヒー生活が潤っているんですよ。みんな豆から買うようになって。

——採用戦略のお話も勉強になりました。ありがとうございます!

採用理由がわかれば、目標も見えてくる?

求人活動の手段がたくさんあれば、その方法ごとの苦労や工夫が必要なポイントもさまざま。マツリカ、Pathee両企業でも、採用にあたってたくさんの工夫がされていました。

採用は、会社の戦略の一部。会社が今後目指している方向性や、新しい社員に求めていること、採用に至った経緯まで、1人の社員を採用する背景には、会社や人事側によるそれぞれの目的があるんですね。

会社勤めをしている皆さんが「今の会社に採用された理由」はいったどんなものでしょうか。改めて考えてみたら、自分のやるべきことが少しだけクリアに見えてくるかも……?

品川区が提供しているエンジニア採用の助成金は、2020(令和2)年4月1日から改めて募集をスタートします。採用時の手間やコストに頭を悩ませている品川区内企業の人事担当者さんは、申請を検討してみてはいかがでしょうか?

詳しくは、品川区Webサイト、もしくは品川区の商業・ものづくり課 産業活性化担当へお問い合わせください。

<取材協力>
株式会社マツリカ https://mazrica.com/
東京都品川区東五反田5-28-9 五反田第三花谷ビル 9F

株式会社Pathee  https://corp.pathee.com/
東京都品川区西五反田 1-5-1 A-Place五反田駅前4F

(文:伊藤 駿/ノオト 編集・撮影:杉山大祐、水上アユミ/ノオト)

  • line
参考になったらクリック
クリックありがとうございます!

こちらの記事についてご意見、コメントがございましたらお願いします。
コメントは非公開であり、今後の五反田バレーの運営のために参考にさせていただきます。

コメントの送信ありがとうございます!