五反田計画ITベンチャーと地域の共創メディア

一覧へ戻る

良し悪しの判断基準は「よりそえているかどうか」 ITで葬儀をわかりやすくする、よりそうのミッション

  • line
  • 会議室の壁には、和傘の模様があしらわれている。

  • 目隠しのすだれに加え、奥には日本庭園のような竹のインテリア。

  • リフレッシュエリアの奥には、和風のベンチが。

  • インテリアとして準備している行灯。

  • オフィス入り口脇に並べられている賞状の数々。

<案内してくれた人>

株式会社よりそう 広報・PRグループ 髙田 綾佳さん
葬儀・供養のITベンチャー、株式会社よりそうにて広報担当。美術大学卒業後、印刷オペレーター、デザイナーを経て現職。興味関心は社会課題、趣味は居酒屋巡り。五反田は地上の楽園です。

よりそうに10の質問

1. よりそうが提供しているサービスについて教えてください。

・定額葬儀「よりそうのお葬式」
ご提供するサービスと価格を明示した定額の葬儀サービス。全国900社の葬儀社と提携、徹底的にプラン内容を精査し、低価格を実現しました。

・定額でお坊さん手配「お坊さん便」
1度からのお付き合い、定額を特長としたお坊さん手配サービス。お寺とのご縁が希薄で、法事法要に際にお困りの多くの方からご利用いただいています。

・終活から整理まで一気通貫「よりそう」
終活から故人の身の回りの整理まで、23サービスを一元提供するブランド。終活・葬儀でお困りの方を最初から最後までサポートしています。加入するとお得にサービスを利用できるメンバー制度も設けています。

わかりやすいサービス提供を通じてお別れの場面にいる方々をサポートし、1つでも多くの葬儀・供養の場が、誰からともなく「ありがとう」という言葉の生まれるライフイベントにしていくことを目指しています。

2. 会社のミッションを教えてください。

「わたしたちは、ライフエンディングを巡る人生の本質的なニーズを見つけ、既存のやり方にとらわれない発想で一連の仕組みを創り出すことで、誰もが自分らしく生涯を全うできる社会を実現します。」

誰かを見送り、そして見送られるという循環の前後に発生するあらゆる不便・負担・苦悩を解消することが、ライフエンディングの課題だとよりそうは考えています。そして、この課題を全て解消するには、お葬式やご供養だけでなく、死別の前後、そして見送られる方に関わる周囲の人も含めた「人生そのもの」を良くしていく必要があります。

将来的には「葬儀」「供養」に関わるだけでなく、ライフエンディングの最初から最後までサポートする仕組みを作り、その先に、誰もが自分らしい生涯を全うできる社会の実現を目指しています。

3. 在籍している社員には、どんな方がいますか?

ライフイベントの中でも特に重要な「葬儀・供養」に関わることを選ぶだけあり、真面目で根の優しい社員が多いです。お客様のお悩みやお困りごとに様々なアプローチから真摯に向き合い、立場関係なく意見を交わしあう風通しの良い職場です。

4. これから、どのような人材が欲しいですか?

現在エンジニアを積極採用中です。

弊社は葬儀を取り扱っているためスピードが重要です。そのためお客様・パートナーの葬儀社や僧侶様・自社スタッフの三者がリアルタイムに連携できるWeb・業務システムの構築を現在進めています。フロント・バックエンジニアはもちろんですが、基盤として全面的に活用しているSalesforceに詳しいエンジニアの方も活躍できると思います。

5. 代表の芦沢雅治さんは、どんな方ですか?

フランクな人柄で、社員から愛されている人。熱い気持ちを仕組みに変えるイノベーターです。

社会の役に立ちたいという気持ちが強い人でありながら、ビジネスとしての可能性も同時に考えることができる絶妙なバランス感覚の持ち主です。これは、以前NPOを立ち上げたもののうまくいかなかった経験から生まれた感覚とのこと。

ちなみに、高いものにこだわらない庶民派でもあります。ワードローブの定番は「よりそう」ロゴの入ったTシャツとパーカー、チノパンにスニーカーです。

6. 個性的な社内行事はありますか?

毎週水曜日から金曜日、朝礼時に社員持ち回りで「イイハナシ」を発表するコーナーがあります。

同僚との間に起きたエピソードだけでなく、お客さまやパートナー企業との出来事などを自社の業務に絡めてお話しします。お客様やパートナーなど、外部との接点が多いよりそうだからこその行事だと思っています。

7. よりそうには、どんな「会社あるある」がありますか?

・仏教用語が飛び交う
ありがたいことが起こると「合掌」、言葉を説明するときに仏教用語が出てくる。観念という言葉であれば「観音様の“かん”に、念仏の“ねん”」と言って説明します。

・誤変換が独特
「強化→供花」、「周期→周忌」、「個人→故人」など。外部とのやり取りはものすごく気を遣います。

・良し悪しの基準が「よりそっているかどうか」
日報を書く部署では「この対応はよりそっている」「これはよりそえなかった」といった言葉がよく並んでいます。

8. 5年後、よりそうはどうなっていると思いますか?

よりそうサービスの主な利用者はシニア層なので、まずは広く社会からの信頼を得ることが重要だと考えています。5年後には事業規模を拡大し、誰もが利用するようなエンディングプラットフォーム企業として社会から信頼を置かれる企業に成長したいです。

9. 五反田バレーに入った理由を教えてください。

五反田に拠点を構えたものの、他のベンチャーとの横の繋がりが弱かったため、社員のナレッジ共有や人材交流のきっかけとなればと、立ち上げに参画しました。

また、弊社の取り扱う商材の特性上、どうしてもITと結び付けづらい側面もあります。「五反田に拠点を置くITベンチャー企業」としての知名度を上げることで採用を強化したいという思惑がありました。

10. これから五反田をどのように変えていきたいですか?

品川区からベンチャー企業向け予算が下りたことで、ますますIT集積地として発展していくのではないかと思います。従来のアフター5が充実したイメージと昔ながらのお店がならぶイメージに加え、新しく五反田にやってきたITベンチャーがまた別の個性を加えていくことで、魅力あふれる場所にしていければと思います。

また、職住接近の特長を活かし、誰もが誇らしく過ごせる街にしたいです! 理事企業として、そのための発信を頑張っていければと思います。

<企業情報>

株式会社よりそう

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-17 HI五反田ビル 4F

※ データは全て2019年4月時のものです。

コーポレートサイト:https://corp.yoriso.com/

  • line
参考になったらクリック
クリックありがとうございます!

こちらの記事についてご意見、コメントがございましたらお願いします。
コメントは非公開であり、今後の五反田バレーの運営のために参考にさせていただきます。

コメントの送信ありがとうございます!

おすすめの記事